Candleconcert2018
candleconcert

今年で54年目を迎える“新堀ギタークリスマスコンサート”は“キャンドルコンサート”とも呼ばれ、
チャリティコンサートとして、わが国で最も長きに亘り、数多くの音楽ファンに親しまれてきました。
このコンサートシリーズは、ギターオーケストラの創始者・新堀寛己博士が、
ザルツブルクで昔から行われている、心温まるコンサート(楽しいクリスマス曲はもとより、
古今の名曲をより親しみやすく解説付きで演奏)にヒントを得て、
音楽の生活化を進めるべく、文字通り『音楽でキャンドルサービスを』という趣旨で、
日本で初めての『解説付きチャリティコンサート』として始められたものです。
『長年に亘る音楽による平和への貢献』への道を開き、国連からも表彰された新堀博士が中心となって、
2003年のコンサートからは『平和を願って』のサブタイトルを全面的に打ち出し、
『音楽による人類平和への道』を音楽家自らの手によって、世界に呼び掛けていく内容となっています。
平和を愛する曲から次代を担う子供たちの演奏、
そして今年の人気曲、クリスマス曲など、バラエティに富んだ内容で皆様をお迎えいたします。

candle-photo
schedule

各公演をクリックすると詳細をご確認いただけます

藤沢公演Ⅰ

12月2日(日) 開 演:14:00 開 場13:30

会 場:国際新堀芸術学院本館シュトラウスホール
出 演:DANROK・藤沢市民ギターオーケストラ・鵠沼中学校ギター合奏部
曲 目:Rock of mozart、黒猫のロンド、オブラディオブラダ、赤鼻のトナカイ、
    パイレーツオブカリビアン、海の見える街、他
入場料:指定席¥3,000 一般自由席¥2,000 小中高校生自由席¥1,000

チケット申し込み

アクセス

お問合せ

sc-fuzisawa1

藤沢公演Ⅱ

12月23日(日) 開演15:00 開場14:30

会 場:藤沢市民会館大ホール
出 演:新堀寛己(指揮)、寺田和之(指揮)、DANROK・富田京子(ドラム)、
    新堀ギターフィルハーモニーオーケストラ、榊まい(日本舞踊)、
    山本知子(笙)、ふじきゅん、湘南ジャズ体操ファミリー、他
曲 目:キュンとさせるこのまちで、ハッピークリスマス、赤鼻のトナカイ、
    劇伴風序曲「政宗」、風神雷神、他
入場料:指定席¥4,000 一般自由席¥3,000 小中高校生自由席¥2,000

チケット申し込み

アクセス

お問合せ

sc-fuzisawa2

大船公演

12月7日(金) 開演19:00 開場18:30

会 場:鎌倉芸術館 集会室
出 演:寺田和之(指揮)、新堀ギターオーケストラ〈B〉グループ、
    大船合奏団、他
曲 目:情熱大陸、すてきなホリデイ、あわてんぼうのサンタクロース、他
入場料:一般自由席¥1,500 小中高校生自由席¥1,000 ペア席¥2,000

チケット申し込み

アクセス

お問合せ

sc-oofuna

平塚公演Ⅰ

12月9日(日) 開演14:00 開場13:30

会 場:平塚市中央公民館
出 演:寺田和之(指揮)、新堀ギターアンサンブル、越部裕子(フルート)、
    古賀夏美(ピアノ)、赤堀理絵子(ソプラノ)、SWAN.SP、他
曲 目:情熱大陸、オー・ホーリーナイト、Earth、白い恋人たち、他
入場料:指定席¥4,000 一般自由席¥3,000 小中高校生自由席¥2,000

チケット申し込み

アクセス

お問合せ

sc-hiratuka1

平塚公演Ⅱ

12月21日(金) 開演19:00 開場18:30

会 場:ホテルサンライフガーデン グランドビクトリア湘南
出 演:DANROK、Twinkle、パンジワニ彩羽良(ギター)、他
曲 目:サンタが街にやってくる、ウィンターワンダーランド、愛を取り戻せ、
    おみなえし、ニューシネマパラダイス、他
入場料:指定席¥5,000 一般自由席¥4,000 小中高校生自由席¥2,000

チケット申し込み

アクセス

お問合せ

sc-hiratuka2

新城公演

12月12日(水) 開演18:30 開場18:00

会 場:糀ホール
出 演:DANROK、新城合奏団、新城キッズアンサンブル、他
曲 目:戦場のメリークリスマス、The trooper、夢をかなえてドラえもん、他
入場料:一般自由席¥3,000 高校生自由席¥2,000 小中学生自由席¥1,000

チケット申し込み

アクセス

お問合せ

sc-shinnjyou

目黒公演

12月14日(金) 開演19:00 開場18:30

会 場:めぐろパーシモンホール(小)
出 演:寺田和之(指揮)、新堀ギターアンサンブル、学芸大学合奏団、他
曲 目:サウンドオブミュージックメドレー、トップオブザワールド、他
入場料:指定席¥4,000 一般自由席¥3,000 小中高校生自由席¥2,000

チケット申し込み

アクセス

お問合せ

sc-meguro

アルティメイトエナジー

12月16日(日) 開演14:00 開場13:30

会 場:新堀ライブ館 ライブハウスN
出 演:The Pretty Band、New moat、S.A.C、モヒカンクリーミィZ、
    R134、E’z、Iris、Canterò per te、他
入場料:指定席¥4,000 一般自由席¥3,000 小中高校生自由席¥2,000

チケット申し込み:0120-03-8338

アクセス

お問合せ

sc-aruti
musician

新堀寛己 【指揮・音楽総監督】

 新堀ギターフィルハーモニーオーケストラ創始者・音楽総監督・指揮者。
「心の糧になる良い音楽をすべての人々へ」をモットーとする新堀ギター音楽院の創立者。
学校法人・新堀学園(国際新堀芸術学院藤沢校)、米国財団法人・国際新堀芸術学院東京校などの
専門校、および内外に広がるNKG(日本教育ギター連盟)、IGOA(国際ギターオーケストラ協会)他、
数多くの教育機関の創立者。楽器研究開発・学書・楽譜出版、CD・DVD等ソフト制作、
演奏会企画等も手掛けている音楽家集団=Nグループのオーナー。

出演:藤沢公演Ⅱ

寺田和之 【指揮】

2007年より新堀ギターフィルハーモニーオーケストラの常任指揮者を務める。
日本全国はもとより、海外公演としては自身の指導する学生ギターオーケストラの
‘02年と’04年のドイツ公演を皮切りに、新堀ギターアンサンブルを率いての米国(‘05)、
シンガポール(’06)、ソウル(‘06)、ヴェネチア(’12)各公演いずれもスタンディングオベーションの
大成功となった。また、台湾、シンガポール、ポーランドからは、指揮・指導・審査員として招かれ、
本年‘18年には「トシェンサチギター協会名誉会員」にも選任された。
近年はアジアでの多国籍メンバーによるギターオーケストラの指揮を務め公演を成功に導くなど、
多方面での活動で注目を集めいている。

出演:藤沢Ⅱ・大船・平塚Ⅰ・目黒公演

新堀ギターフィルハーモニーオーケストラ

ギターオーケストラの創始者である新堀寛己が最初に結成したギターオーケストラで、
日本の28団体ある管弦プロオーケストラの中では8番目に誕生した
(当時の名称は、新堀ギター室内合奏団)。
60年の伝統と実績を持ち、近年では2007年のミュンヘン&ウィーン公演、
2012年のミラノ公演などでも大きな成功をおさめ、世界トップクラスの評価を得ている。

出演:藤沢公演Ⅱ

新堀ギターアンサンブル〈NE〉

1974年に英国公演で成功し、ヨーロッパの音楽界に大きな衝撃を与えた女性合奏団
「ドリマーズ」と、男性トップ奏者たちのグループ「ゾリステン」が合体し1975年に結成。
実績・実力共に世界No.1のギターアンサンブルと言われている。これまでのステージ数は4000回以上、
日本全国のみならず、海外での公演も多く、近年ではドイツ、オーストリー、アメリカ、イタリア、
ポーランド、オーストラリア、中国、韓国、台湾、シンガポール等でも演奏し好評を博している。

出演:平塚Ⅰ・目黒公演

ドリマーズⅢ

新堀ギターアンサンブルのベテラン女性メンバーによる重奏団。
女性特有の繊細な感性と、新堀寛己考案による各音域ギターによる独自の編成が
生み出す温かいサウンドによる演奏は世界中で絶賛されている。
1974年にロンドンで大成功を収めた女性合奏団「ザ・ドリマーズ」の
「親しみやすい音楽をハイレベルで演奏し音楽の生活化を進める」という思想と、
美しい音・ハーモニー等を最も受け継いだグループとして、2010年に「ドリマーズ」を襲名し、
「新堀ギター女性四重奏団」から「ドリマーズⅢ世」に改名。

出演:平塚Ⅰ・目黒公演

DANROK

世界最高峰のギターアンサンブルと謳われる新堀ギターアンサンブル〈NE〉の メンバーから
新進気鋭の男性6人で構成されたギター重奏団。新堀ギターのオリジナル楽器を用い、
それによるサウンドは力強く音圧があり、ギターの新しいイメージを生み出した。
これまでにCDを3枚リリース。ツアーや海外公演も多数でコンサートは常に満席の人気グループ。

出演:藤沢Ⅰ・Ⅱ・平塚Ⅱ・目黒・新城公演

Twinkle

若手の女性四重奏団で現在、国内で最も活躍しているグループ。
笑顔と胸のすくテクニックと優しい音色とハーモニーが魅力。女性メンバー全員が中学ギター部の出身で、
国際新堀芸術学院藤沢校の高等課程クラシックギター科に進学。その同期生で‘05年に結成された。
在学中より演奏活動を行い、’07年度「全日本ギターコンクール」重奏部門第一位。
‘09年度「ギター音楽大賞」重奏の部第1位。「ギター重奏コンクール」では2年連続準優勝。’
13年に1stアルバムCDを発売。‘16年にはポーランドの国際ギターフェスティバルにゲストとして招聘された。

出演:平塚Ⅱ・目黒公演

越部裕子(フルート)

各音域のフルート、ピッコロ、また篠笛などの演奏で、国内外の多くの聴衆を魅了し続けている。
音楽のジャンルを問わず、クラシックはもちろん、ジャズや現代曲、
また日本の曲ではフルートで尺八の演奏も表現するなど、幅広い表現力でも絶賛を浴びている。

出演:平塚Ⅱ・目黒公演

古賀夏美(ピアノ)

東京都立芸術高等学校を経て武蔵野音楽大学卒業。同音学大卒業演奏会出演。
モスクワ音楽院ディプロマ取得。香港中文大学国際ピアノ学会、
リスト協会ピアノ学会(ワシントンDC)にピアニストとして参加。
ピアノを田邊融、松山淳子、ヤーノシュ・ツェグレディの各氏に師事。
ソレイユ音楽事務所新人オーディション合格、日本クラシック音楽コンクール全国大会一般の部秀演賞、
国際ピアノデュオコンクール入賞。近年はピアノデュオLe Lion、尺八の大友竹邦氏との演奏会を定期的に開催。
昨年演奏活動25周年を迎え記念リサイタルを開催、好評を博した。

出演:平塚公演Ⅰ

赤堀理絵子(ソプラノ)

幼少より歌・ピアノのレッスンを受ける。ひばり児童合唱団在団中、歌番組や舞台に多数出演。
洗足学園音楽大学在学中、定期演奏会、オペラ初演など、多くのソロに選ばれる。
さらに、専攻科、マスターコースへと進み、秦 志郎、中山悌一、木下 保、各氏に、イタリア歌曲、
オペラ、ドイツ歌曲、日本歌曲をそれぞれ師事。その後もオペラ、コンサートに出演多数。
CMナレーション、声優などを経て、新堀芸術学院と出会い、
ギターオーケストラともたびたび共演している。

出演:平塚公演Ⅰ

SWAN SP スワンスペシャル

新堀ギターアンサンブル<NE>メンバーによる女性ギタートリオ。
ギターの最大の魅力である音色を追及するべく2017年に結成された。
新堀ギター工房オリジナルのスワンギターや伝統のサウンドを用いて
親しみやすい曲を中心に活動をしている。

出演:平塚公演Ⅰ

アルティメイトエナジー

Niiboriのポピュラーコース講師陣によって編成されたバンドによる究極のライブイベント。
ブルース、ロック、ジャズ、メタル、ポップスなど、ジャンルの枠にとらわれず、
心の糧になる良い音楽をすべての人々へ広めるべく集まった個性的な顔触れが揃う、
Niibori流バンドサウンドの集大成。

出演:アルティメイトエナジー公演・藤沢公演Ⅱ

新堀ギターオーケストラ〈B〉グループ

国際新堀芸術学院の在校生有志により編成されたギターオーケストラで30年以上の伝統を持つ。
在学中より大イベントや海外公演などにプロ奏者として抜擢された実績の多いグル―プ。
コンクール受賞者など優秀な奏者を多く含んでいるのも特徴。
元気と勇気を与えてくれるフレッシュサウンドが人気を呼んでいる。
2002年、2004年にドイツ、2006年と2014年の12月には台湾での公演を大成功に収めた。

出演:大船公演

特別ゲスト

富田京子(ドラム)ex-PRINCES PRINCES

1986年、PRINCESS PRINCESSとしてデビュー。 ドラムス担当、多数の楽曲の作詞を担当。
1988年、多数のアーティストにカバーされているプリンセスプリンセス不朽の名作
「 M 」の作詞を手がける。1989年、ガールズロックバンドとして初の日本武道館公演。
「DIAMONDS」「世界でいちばん熱い夏」でオリコン年間チャート1・2位独占、
日本を代表するバンドになる。1991年、メンバー5人での共作書き下ろし詩集『神様と心の棘』出版。
この頃から観月ありさなど他のアーティストへ詞を提供。
本格的に作詞家としても活動開始。1996年、5/31の日本武道館公演を最後にPRINCESS PRINCESS解散。
以降、作詞家・作家・ドラマー・プロデューサー・テレビ出演・DJ等活動の場を広げる。
2002年、休止していたライブ活動を再開。レディオ湘南「湘南ビートランド」
(毎週土曜日17:00~18:00)にてレギュラーパーソナリティーを務めている。

出演:藤沢公演Ⅱ

榊まい(日本舞踊)

上方舞吉村流名取師範。神前舞研究会「グループ翔」主宰。
湘南を拠点に、日本舞踊を通じた日本文化の継承活動を展開中。
関東国際高校演劇科と明治学院大学英文科卒業。小学生時代にモダンバレエで自由表現を学び、
19歳で地唄舞吉村流に入門、師範名取を許される。30歳で「やまたのおろち」を題材に和太鼓とコラボし、
神前研究会をたちあげる。その後奈良県の大和国一之宮大神神社にて、毎年巫女舞を奉納、指導にあたる。
と同時に藤沢市の遊行寺のお祭り「遊行の盆」では、踊り部会会長を務め、盆踊りの伝承に努める。
次世代に踊る楽しさ、鎮魂の舞を伝え、自身は日本舞踊の幅を広げるため、
吾妻寛穂氏(吾妻流師範・幹部、外務大臣表彰受賞者)に師事、現在にいたる。

出演:藤沢公演Ⅱ

山本知子(笙)

東京都中野区の宝生山八津御嶽神社の宮司・山本行徳氏の長女として生まれ、8歳より笙を始める。
日本雅楽会楽師・故秋山氏に笙と舞楽を師事。神社の祭事、式典などで雅楽奉仕に努める傍ら、
国内外の演奏会で、雅楽(管弦楽)をはじめ、舞楽・神楽舞などを披露。
現在、宝生雅楽会に所属し、多岐に亘る楽曲に取り組むとともに指導も行っている。

出演:藤沢公演Ⅱ

movie
Information